thumb

大学では教えられない歴史講義アーカイブ

今後の予定

2009年 09月 29日

 各締切に追われ、執筆専念月間、最終盤です。こんな調子だと、毎日更新は難しそうなので、先に謝っておきます。各位ご迷惑をおかけしております。  予定で…


帝国憲法講義他動向報告

2009年 09月 27日

 本日は、と言ってももう昨日ですが、帝国憲法講義に集まっていただいたお客様ありがとうございました。種々団体の行事と重なりどうなることやと心配しました…


なぜ日本の防衛費は減り続けるのか

2009年 09月 26日

 明日(もう本日ですね)の帝国憲法講義のネタバラシですが、あえて。  日本の国家予算は最終的に国会(衆議院)が承認しますが、実質的には財務省主計局が…


広めて欲しい十箇条

2009年 09月 25日

 竹田研究会での話の続きです。今の日本、何かを「良くしよう」ではなく「悪くならないように」を考えなければならない危機的状況です。守備に回ると得点はで…


本日の竹田研究会

2009年 09月 25日

 昨夜からは徹夜で執筆。途中、英国在住研究者の奥山真司先生にメールをお送りしたらあまりの即レスの応酬にチャット状態になり、おかげで朝の倫理法人会には…


寺内対原(4)ー総理大臣見習いポストー

2009年 09月 23日

 根本的な問題。「寺内対原」と言いながら、寺内はほとんど出てこない。なぜか。政界中枢にいないからである。彼は明治四十三年(一九一〇年)から大正五年(…


寺内対原(3)ー真の勝者は原ー

2009年 09月 22日

 教科書では、巨大な山縣閥の中枢に位置する寺内正毅陸軍閥の前に、国民に選ばれた衆議院は弱く、政友会の西園寺内閣は総辞職に追い込まれた、とされる。  …


TBS版「官僚たちの夏」は来ない 最終回

2009年 09月 22日

 とうとう、TBS版「官僚たちの夏」も最終回。いつもの架空の話に加えて、今回は演出も過剰だったので、批評しにくいのだが。本作の主題は理想の官僚像だが、主…


秋祭りにて問題認識

2009年 09月 19日

 いつも研究会でお世話になっている金王神社に、竹田恒泰先生ら極少数でお邪魔して御祓いをしてもらいました。  竹田先生と昼食をご一緒させていただいたき…


日本国憲法六十七条の欠陥(2)

2009年 09月 19日

藤沢さんのご質問にお答えして。前回の文章は、かなり高度な内容を詰め込んでいるので、特殊な知識がない方には厳しかったかもしれません。できるだけわかりや…


日本国憲法六十七条の欠陥

2009年 09月 18日

 日本国憲法で内閣を規定した第五章は、戦前の「憲政の常道」を成文化したもので、憲法制定過程において日本人の意思がかなり反映されており、比較的まともな…


政府と与党の一体化

2009年 09月 18日

 与党第一党の総裁(代表)が総理大臣の地位にあることは「憲政の常道」と称される。「憲政の常道」とは、日本人が米国人になど教わらなくとも、独自の民主制…


鳩山内閣閣僚名簿と注目点

2009年 09月 17日

 鳩山内閣が成立しました。名簿と注目点は以下。理由や背景を詳しく説明すると一人の大臣だけで長くなるので(18回もこのネタを引っ張る意味もないので)、す…


定義に関して

2009年 09月 17日

 「定義」という言葉に関しても私は二つの用法を使い分けている。ついでに言うと「定義」よ「」で括っているが、これは辞書編纂者のように世の中に溢れている…


官僚を叩くなら

2009年 09月 15日

 官僚機構に詳しい人は「官僚たちの夏」の風越はとんでもない官僚であると思うしかないようですが、普通の人はドラマを見ると「昔の官僚はみんな国のことを思…


この砦での議論への所感

2009年 09月 15日

 レスという形で、常連とも言うべき方々が熱心に議論をしていただいています。ありがとうございます。今後ともこのような形で意見を戦わせていただけるのは大…


TBS版「官僚たちの夏」は来ない 第九回

2009年 09月 14日

 相変わらず、反米ナショナリズム爆発である。  相変わらず、大蔵省は仕事の邪魔をする悪者である。  相変わらず、主役の風越は国会で暴言は吐くは、…


左翼護憲派も東大憲法学官僚主義裁判官は嫌い

2009年 09月 14日

「ドキュメントNNN」で裁判所内における官僚主義の話をしていた。長沼ナイキ事件で「自衛隊違憲判決」を出した福島裁判官がその後不遇であったとか、裁判官は憲…


霞ヶ関維新

2009年 09月 13日

 小泉内閣以来、公務員制度改革は重要な争点でした。特に安倍内閣はこれの取り扱いを間違ってしまった為に政権の命取りになった訳ですから。日本近代史の禁忌…


寺内対原(2)―実は「山縣対原対桂」―

2009年 09月 13日

 伊藤博文死後、元老筆頭の地位にあったのは山縣有朋である。山縣は陸軍卿や参謀総長を歴任して日本陸軍建軍の父と言われ、他に内務・司法の治安関係の大臣も…


寺内対原(1)―大正デモクラシーの前提―

2009年 09月 12日

 大正デモクラシー、というのは戦後の用法である。信夫清三郎という元々左翼、晩年は右旋回した政治史学者が命名した。当時は大正リベラリズムの方が使われた…


新人議員の教育

2009年 09月 11日

 似たような質問が複数出た場合にはお答えするようにはします。  さて、新人議員が大量に発生した場合にどう使いこなすか、ということです。選挙区選出の議…


キャリア官僚とは何者か

2009年 09月 11日

 キャリア官僚制が如何なるものか、一般にはあまり知られていないように思われる。彼らの仕事の大半であり、かつ最も無駄なのは、国会議員の質問への答弁作成…


予算は国家の意思であり、最強の拒否権!

2009年 09月 11日

 基本的に「帝国憲法講義」でやる内容は載せないつもりですが、あまりにも重要な話で、この話を前提として抑えているかどうかで日本近現代史の見方がまったく…


TBS版「官僚たちの夏」は来ない 第八回

2009年 09月 11日

(これまでのあらすじ、その1)戦争から敗戦へと向かう日本国内で権力をふるう統制派陸軍官僚だったが、アメリカの軍事侵攻の前に、日本民族自体が風前の灯と…


そもそも官僚制とは

2009年 09月 11日

 相変わらずの民主の迷走と自民の低迷ぶり。社民党に降りまわされるって、「帝国憲法講義」の聴衆やこの砦の読者の皆様にはおなじみの話ですが、世間では「な…


反応紹介

2009年 09月 10日

 ネット上でもリアルな政界でも色々な反応、ありがとうございます。その中でも驚いたことを二つ。 一、政治家の人がこの砦を見てくれているらしい。 「毎日…


早朝講演してきました。

2009年 09月 09日

 今朝は、福生倫理法人会で講演でした。  場所は石川酒造という由緒正しい造り酒屋さん。講演会場は「蔵の中」でした。池田勇人や竹下登の生家もそうですけ…


伊藤対山縣(4)―日本を決めた明治四十年?―

2009年 09月 09日

 隈板内閣は組閣前から大混乱していた。勝手に組閣本部があちこちに乱立するのに、総裁が自分一人で人事を決めていると思い込んでいるとか、総裁に匹敵する実…


自民党の知恵―もしも職場が嫌っていた人だらけになったら?―

2009年 09月 09日

 毎回、「結党以来の危機」をむかえ、本当に危機が拡大していき、今回とうとう野党になってしまった自由民主党。自民党政治家がどうやって危機を乗り越えてき…


男は・・・

2009年 09月 07日

 昔、三木武夫という男ありけり。  昭和四十三年、佐藤栄作という最長不倒政権を築く総理大臣に対し、「約束を破った!」と総裁選挙において挑戦状を叩きつ…